長年愛されてきた名物まんじゅう

長年愛されてきた名物まんじゅう

温泉街の中心にある「ほていや」の看板商品にして、肘折の名物として、戦後より長年愛されてきた「ほていまんじゅう」。感触の一口大の蒸しまんじゅうというスタイルは、古来からの温泉まんじゅうの形を継承しています。黒糖を練り込んだ香ばしい薄皮の中にこしあんがたっぷりと入り、ふわふわの食感と素朴な甘さが魅力です。前日に注文をいただければ、旅館のお部屋へ、当日朝に蒸し上げた出来立てのおまんじゅうを配達してくれます。店内でイスに腰かけながら食べるのもオススメです。「ほていやのおばあちゃん」の昔話を聴きながら食べるおまんじゅうは、また一味ちがうかもしれません。 長年愛されてきた名物まんじゅう